宗教法人 栃社山 浄土院

宗教法人 栃社山 浄土院 【久米郡】

Tel:086-728-2364

岡山県久米郡 法然上人のご両親のお寺 浄土院(じょうどいん) お気軽にお立ち寄りください。

お店発見伝TOP
岡山県久米郡 法然上人のご両親のお寺 浄土院(じょうどいん) お気軽にお立ち寄りください。
国内の活動

国内の活動

 
2013年 6月 8日(土)佐々井秀嶺師、佐伯隆快師、遠山睦子氏来山

2013年 6月 8日(土)佐々井秀嶺師、佐伯隆快師、遠山睦子氏来山

日本に帰国中の佐々井秀嶺師が、佐伯隆快師、遠山睦子氏等と来山されました。
佐々井師の来山はこの度で2回目となります。
本堂で木魚を叩いて暫し称名念佛を修し、長野善光寺での講演について打ち合わせをし、その後、宗祖法然上人御誕生の地である誕生寺を参拝、宝物などを拝観し、誕生寺住職を交えて歓談しました。

 
 
2013年 6月 7日(金)岡山佛教会総会(岡山市 国際交流センター)

2013年 6月 7日(金)岡山佛教会総会(岡山市 国際交流センター)

平成24年度の事業報告、会計報告、平成25年度事業計画発表の後、岡山県佛教会会長を退任することを了承いただき、3年間の任期中、県下各師の御理解ご協力のもと、2度のインド・ナグプールの黄金祭(仏教徒改宗式)に参列し、佐々井秀嶺師と巡り合うことができたこと、県下のかく教団の指導者の皆様に懇意にしていただいたこと、中国の洛陽市白馬寺において東日本大震災日中合同法要を実施させていただいたことなど甚深の謝意を表明して、退任の挨拶とさせていただきました。 後任の会長には、亀山俊巨師(浄土宗 心鏡寺住職)事務局には漆間隆道師(浄土宗 極楽寺住職)が選出されました。

 
 
2013年 5月20日(月)岡山淨宗学会刊『無量寿経論叢』出版記念祝賀会(京都市 枳殻邸)

2013年 5月20日(月)岡山淨宗学会刊『無量寿経論叢』出版記念祝賀会(京都市 枳殻邸)

淨宗学会代表の淨空法師が浄土教の代表経典である『無量寿経』について研究する研究者の為に従来教団、大学の厚き壁の為『無量寿経』についての研究書の閲覧が自由にできなかった。 その壁を取り除くべく、日本の各佛教教団、大学の御理解をいただき、世界各地の念佛信徒の浄財をもとに此度『無量寿経論叢』7巻を京都市法蔵館の協力により、限定出版し、各教団、大学、寺院等に贈呈されたものである。

 
 
2013年 4月 8日(月)脱原発岡山佛教者ネットワーク世話人佐伯隆快師、株式会社三度 代表 小林三旅氏来山

2013年 4月 8日(月)脱原発岡山佛教者ネットワーク世話人佐伯隆快師、株式会社三度 代表 小林三旅氏来山

2013年6月にインド仏教徒最高指導者佐々井秀嶺師が帰国され、長野県善光寺で脱原発に向けた講演をしていただく為、善光寺(浄土宗大本山善光寺大本願)へ推薦状を書いていただきたいとの依頼で来山された。

 
 
2012年 6月 22日(金)岡山県同宗連研修会(誕生寺)原子力発電所再稼働と問題点について

2012年 6月 22日(金)岡山県同宗連研修会(誕生寺)原子力発電所再稼働と問題点について

第29回岡山県同宗連研修会が、岡山県久米郡久米南町里方の浄土宗特別寺院誕生寺の阿弥陀堂で開催されました。
研修内容は、講師のスティーブン・リーパー氏の講演「核兵器禁止条約と日本」と講師の田中稔子氏の「ひろしま・福島そしてチェルノブイリへ」でした。
リーパー氏の講演では、現在パキスタンにある核爆弾1個が仮に爆発すれば地球全体が放射能で汚染され、生物の生態系に大きな影響を及ぼす。
私達は、核兵器の恐ろしさと、現在私達が置かれている状況に気つ˝くことが大切であると訴えられました。
田中稔子氏は、現在壁面デザイナーとしてご活躍中ですが、小学校の頃広島市で原爆に被爆されるという体験を踏まえ。福島県の人々、ロシアのチェルノブイリの人々との出会いを通して原子力発電の危険性を訴えられました。
今回の研修会には、岡山県下の各宗教団体の代表者約120名が参加、熱心に意見を交換しました。